外貨建て金融商品は高いパフォーマンスを得る事ができるという点では非常に優れたものだと言えるでしょう。しかしながら、付き合い方を誤ると大きな損失を発生させてしまう可能性がありますから注意が必要です。
外貨で運用をしたいという理由の多くは、国内資産では資産形成が難しいからでしょう。金利の低い日本の債券や、あるいは経済発展が見込めない国内株式では資産運用が難しいと考える人もいるでしょう。そのために外貨で運用したいと考える人は多くいます。
注意しておかなければならないのが為替リスクです。外貨で運用すると言うことは、常に為替リスクにさらされているということを知っておかなければなりません。例えば、資産の全てを外貨で運用すると、全ての資産が為替リスクにさらされることになります。非常に高いリスクの投資だと言わざるを得ないでしょう。ですから、資産の一部だけを外貨で運用するというのが良い方法だと考えられるのです。例えば、半分を外貨で運用するというのが、基本的なアセットアルケーションです。リスクをどこまで許容するのかによって、外貨で運用する割合をどれくらいにするのかを先に考えておく必要があります。また、円高リスクが懸念されるときには、すぐに売却するというのも良い方法だと言えるでしょう。