外貨建て金融商品のメリットは、日本国内の金融商品とは異なり高金利・高リターンが期待できる点にあります。日本での預貯金では長い期間預けておいても受け取れる利息はほんのわずかなものですが、海外の金商品の場合には日本よりも金利の水準が高いため、利息のみでも十分なリターンが期待できます。
外貨建て金融商品の場合、日本円を海外の通貨に換えることで運用を行なっていくことになりますが、その際に重要になってくるのが外国為替の相場です。外国為替の相場の価格変動によって日本円を海外の通貨に換える際に必要な資金の量が大きな影響を受けることになります。海外の通貨に対して日本円が安い場合にはそれだけ多くの海外の通貨を買うことができますが、反対に日本円が高い場合には少しの海外の通貨しか買うことができません。そのため、外貨建て金融商品は非常に商品そのものの価格の変動の影響を受けやすい商品であるといえます。
また、外貨建て金融商品で資産を運用する場合には、為替手数料の存在も忘れることはできません。日本円を海外の通貨に換えるときと、反対に海外の通貨を日本円に換える場合にはそれぞれ手数料が必要です。この手数料の存在を忘れていた場合、当日の外国為替の相場によっては為替差損によって大切な資産を減らしてしまうこともあるので注意が必要となってきます。