流動性のリスク

| 未分類 |

流動性とは取引がどれだけ活発に行われているのかを示す言葉です。取引があまり行われていない場合には、買おうと思っても買うことができなかったり、売ろうと思っても売ることができなかったりします。ですから、取引したいときに取引ができないのです。
少額の資金で取引をしているときよりも、大きな資金で取引するときのほうがリスクは高いです。例えば、新興企業の株式を買おうと思うと、大きな資金で買うことによって株価が上昇してしまう可能性があるのです。そのために、例えば株価指数先物など、日々の売買が非常に大きいものが適していると考えられるのです。
個人投資家が注意しておかなければならないのが換金性です。戦略的に投資をしていくことができるのなら良いのですが、個人の場合には何らかの理由で資金が必要となる事もあります。このようなときには、資産を売って換金しなければならないのですが、そうなった場合に売買が活発に行われていないと売ることができなかったり、あるいは売ることができても安く売らなければならなかったりします。このようなことにならないようにするためには、例えば確実に売ることのできる投資信託を利用するというのも良い方法だと言えるでしょう。