為替手数料

| 未分類 |

外貨建て商品の取引を行うときに支払わなければならないのが為替手数料です。最近では1ドル当たり数十銭というのが相場ですが、これは金融機関によって異なっています。水準は異なりますが、外貨で運用するときには避けて通る事のできない手数料だと言えるでしょう。
購入するときにも支払わなければなりませんし、売却するときにも支払わなければなりませんから、頻繁に売買するときには負担が大きくなります。このようなときには、外貨から直接取引できる金融機関を探すのが良いです。
例えば、ドルの預金口座を開設して、そしてドルで売買を行います。ドルで買ってドルで売っていれば手数料を支払う必要はありません。最終的に利益を確定するときにのみ手数料を支払うという形になりますから、負担を軽減できるのです。
外貨でずっと運用をしていると、円高になるリスクを抱えることになります。長期の円高リスクを避けるためには日本円に換算するのが良いですが、短期的な場合にはFXを活用するのが良いです。FXではスプレッドが驚くほど狭いですし、証拠金取引によって資金を安くすることもできますから、少しの資金で円高リスクをヘッジすることができるというメリットがあるのです。