長引くデフレ経済の影響で、日本の長期金利は低迷した状況が続いていました。その結果、銀行の金利もほとんどゼロの状態で、預金をしていも付与される金利は微々たるものでした。
そこで何か別の投資先を検討しようと外国債券や外貨預金を調べて利回りを見てみると、日本に比べはるかに高金利であるため、投資先として有利だと感じてしまいがちになります。
しかし、それら外貨建て金融商品は為替変動のリスクを抱えているため、購入には慎重になる必要があります。
まず外貨建て金融商品は、日々刻々と変化する為替相場の影響をダイレクトに受けます。特に新興国通貨になると、ひと月に10%安くなるという事も頻繁に起こりえます。そうすると、たとえ年利が10%であっても、その分の金利を吹き飛ばすほど、為替差損が発生し、元本割れしてしまうということも容易に考えられます。
そして最も注意すべき点は、外貨建て金融商品には、為替相場が投資者に有利になったとしても、その為替差益を投資者が享受できず、仲介の金融機関が為替差益を横取りするようになっている場合があるという点です。投資者だけが為替変動の危険性を負担し、それに見合ったリターンを得られないように金融商品が設計されている場合があるのです。
したがって、外貨建て金融商品に購入に際しては、為替が有利になった場合にきちんと為替差益を享受できるのか、事前に確かめておく必要があります。