現在は大規模な金融緩和が行われていて、銀行預金の金利は非常に低いと言えるでしょう。金利が低いのは預金だけではなくて、債券も同じです。ですから、国内の債券に投資をしても、高い利回りは得られなくなってきていると言えるでしょう。株式や不動産も、景気の後退している日本では投資するリスクは非常に高いと考えられます。
日本が成長を続けているときには、国内資産だけでも資産形成をすることができたのですが、現在はそうではなくなってきていると言えるでしょう。そのために、日本の資産だけではなくて、外貨建て資産が注目されています。
そのメリットはというと、外貨の金利が高いことです。外貨と言っても、国によっては金利が低い事もありますが、日本は世界的に見ても金利が低い国の一つだと言えるでしょう。そのために、たいていの外貨は日本よりも金利が高いです。
金利が高ければ預金や債券の金利も高いのですが、それだけではありません。ベースとなる金利が高ければ、株式にしても債券にしてもパフォーマンスは良くなるという傾向があるのです。
ただ、為替リスクがあるということも知っておかなければなりませんから、全額を外貨で運用するのではなくて、一部にしておくのが良いです。