円高と円安

| 未分類 |

円高とは外貨に対して円の価値が高くなることを言います。
円の価値が高くなると、少ない円でたくさんの物を買うことができるために、輸入をする時など有利になります。
例えば1ドルが100円だとして、それが1ドル=80円になった場合ドルに対して円が20円ほど価値が高くなったと言えます。

もしも小麦の価格が1ドルだとして、レートが1ドル=100円だった場合、小麦を買うのに100円必要ですが、1ドル=80円になった場合、
1ドルの小麦を買うのに80円あれば良いことになります。
そのため、円の価値が高くなると輸入をする時に有利になるのです。

次に円安ですが、こちらは逆に外貨に対して円の価値が安くなってしまうことです。
円の価値が安くなると、外貨建ての取引であれば多くの円を手にすることが出来るために輸出をする時に有利になります。

例えば車一台を1万ドルで輸出している企業があるとします。1ドルが100円の時は車一台ごとに100万円を手にすることが出来ます。
そこで、レートが1ドル=120円のになった場合、1万ドルの価値は120万円になっているわけですから、100円の時と比べて、
20万円ほど利益が発生することになります。
このため、輸出をするときは円安の方が有利になるのです。